空の蒼さと山の碧と
studykr.exblog.jp
皆様、長い間本当にありがとうございました。m(_ _)m  (このブログは閉鎖しています。)遊実
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
『パリの恋人』大好きっ!第8回~切ないセリフ
ご好評頂いておりますこの企画、だんだんと佳境に入ってきました。今回は<切ないセリフ>です。
切ないシーンの多かったこのドラマ、キジュとテヨン以外にもいろいろとありましたね。皆さんはどのセリフが印象的でしたでしょうか?




1,2個選ぶのが至難の業ですが、キジュとテヨン、1個ずつ選んでみました。(訳はスカパー!版です。)

18話会社ロビーでの別れのシーンより、テヨンのセリフ。
(キジュ「僕が死んでも-別れるのか?」)
「この程度で死ぬ人なら別れて正解ね。別れた人の生死には興味ないわ。」
原語「이깟 일로 죽을 사람이었으면 헤어지길 더더욱 잘 했네요. 그리고 이미 헤어진 뒤에 죽고 사는 거 관심없어요.」

19話スヒョクの病室にて、キジュのセリフ。
「話が山ほどある。スヒョク、兄さんからお前に話したいことが。だから目を覚ませ。いつまでも意地張るな。頼むから目を開けろ、しっかりするんだ。目を覚ませったら。」
(原語は見つけられませんでした。)

セリフを書き出すために、該当シーンを見返しただけで号泣・・・。
キジュとテヨン、涙とともに凄い表情でした・・・。
テヨンのセリフでは、テヨンの強さとキジュへの強い愛情を感じました。スヒョクに「希望拷問」の話をした時のテヨンとは全く違う、一人の女性が現れました・・・。
キジュは初めてここでスヒョクに対し、兄と名乗りました。気持ちの行き違いがあり、不幸なことがたくさんあった二人が、こんな悲しい形になりましたが、互いを兄弟と認め、あらためて愛し始めたこと・・・。悲しいけれど、二人の関係が新しく始まる・・・そんな気がします。

皆さんも泣きながらコメント書かれることと思います。切ないけれど美しい言葉の数々、思いきり堪能しましょうね。

次回は<好きな表情>(笑顔を除く)です。お楽しみに!
[PR]
by yumi-omma | 2005-03-04 10:31 | パリ恋大好き!